スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに歌詞

閉じ込めてきた本当の影が
また飛び出しそうになって
心っていくつあっても足りない気がする
だって悩むでしょ?


隠しきって始まる朝も
疲れきって終わる夜
もぅ…いいですか…


零れる前に笑ってみせた
それで笑顔になるなら何度でも笑うから
落ち込んだりしたいけど
ねぇ
慰めなど…いらないから


偽りだと知って始めたんだ
誰も気にしない楽しい自分
感情どこから現れているのだろう
だって無意識でしょ?


制御できなくなったら
表にしてもいいなら
もぅ…いいですか…


零れる涙が止まらない
背負いすぎたものをここに置いてしまえたら
補うように包んでみたい
ねぇ…
少しだけ…眠らせて


零れる前に笑ってみせた
それで笑顔になるなら何度でも笑うから
ありのままを知ってもらいたい
ねぇ…

溢れる想いいつからだろ
自分のこと大切になってきちゃうから
胸の奥に閉まっておくの
ねぇ…
笑って…みせて



作詞・作曲 けぃ
タイトルはまだ決まってません(>_<)
いいタイトルがありましたらよろしくお願いしますm(u_u)m

お久しぶりです♪
そういえば!詩が書けないの歌を完成させました(^-^)
友達に聞いてもらったところ、「アニソンっぽい」だそうです☆
いいことなのか悪いことなのか。
歌詞をみたい方はコメントの方によろしく(・ω・)
なんて言うんだろ…
雄飛は絶対?絶対ではないかも(・_・;)
でもなんだかみたいってコメントしそう………(笑)

話は戻って
この歌詞は、無理して本当の自分を隠してしまっている人を主人公にして書いてみました!
伝えたいことは、ありのままの自分を見失わないで欲しいということですかね♪
この思いがある部分に隠れて詩になってるので暇人は探してみて下さい!
わかった方はすごいかもしれない☆






それではコメ返

りぃ>
ごめんごめん!!
でもこれは仕返しよっ♪


明菜>
でしょ?(笑)本当に一人でも楽しそうだから!!


タケ>
天然なのかな?結構真面目な時もあるんだけどなっ☆


雄飛>
お前の方がお馬鹿全開です(笑)


翔くん>
本人の許可がでしだい
聞いてあげて下さい(笑)


以上☆

スポンサーサイト

悲しき春よ

光がどこまでも
生きて行ける離れても
暗闇かき分けた
今を成すと決めたから


想い切り替えた
過ぎし春の花びらに
止まる鼓動をまだ
ゆらり澄ます風

落ち葉秋の薔薇
無いと知るまで時は
色褪せたまま進む語るに経って

抑えてた飛び出しそうな心
閉ざしたまま隠してた
眼差しまで消え去ると知るまで


光が影を
宥め返すその場所を
知って今なお
崩れていく春に還る

愛しき春までも
定めと闘うのなら
倒れたままで
天(あま)を染めてゆく
遥か地の行方






はい!よくわからない歌ですね(^-^)
でもこの曲には沢山の想いがこめられてます!
何にせよ13人で作ったので(笑)
詩をまとめたのはもちろんあたしです♪
残りの12人にはその人その人の考えや感じていることを聞き出して文にしました!!
ゆっくりなメロディーで親しみやすいはずなんでメロディーCD欲しい方は差し上げます!(差し上げられる方のみ)


それでは

皆様

おやすみなさいませ


しばしの休暇を

あれから何年時が経ったのだろう

つまらないことで喧嘩しっぱなし

あなたと出会った場所に魔法がかかっているなら

ありがとう。。。そしてごめんね・・・


つらいのは誰だって同じでも自分だけって思ってる

傷ついたときにだけ気づくのね


ねぇ 愛してるカラ大好きだカラもう一度だけ言わせて

つらいとき苦しいときそばにいるのはキミだった

会いたいよもう一度だけキミのそばにいさせて

あなたが望んでる未来に私ついて行くから


いくじなしなんて言われたのは初めてで

私はただまだ待っているだけなのに


知らないうちに目の前の景色潤んで見えてきちゃって

私は泣いているのカナ?気づかない


ねぇ どうしてカナ夢の中のキミはあのまま

まるで時が止まったように見えているだけなのかも

「ごめんね」の文字伝えるのかんたんなはず

それでも伝えられないのはどうしてなの


つらいのは誰だって同じでも自分だけって思ってる

ポッカリ空いてた心やっともとどおりだね


ねぇ 愛してるカラ大好きだカラもう一度だけ言わせて

「ごめんね」伝えるのにどれだけ時間かけただろう

まっかっかに染まってるお揃いの頬っぺた

これから手を繋いでお家に帰ろう






『ツインピース』   作詞 けぃ 作曲 けぃ
この曲はりぃが歌うの上手いやつですねぇ♪
『月の奇麗な夜に』の次に多いリクエストだったのでおまけです!




皆様お久しぶりです(^-^)
実はあたし明日から千葉のほうに行くので
ブログはしばしの休暇をいたします。
でも一週間くらいで戻ってきます♪
お土産希望者はお早めに(*^_^*)って言っても千葉はいいものないか!



コメ返

いずみぃ≫
いず!こっちの曲も好きになれ(笑)

りぃ≫
いろいろ大変よ☆
たくさん詩のこと勉強してるしね(^-^)

暑中見舞いは~
あのりぃが作った最強ゼリーちゃん6号でよろしく♪

ひなさん≫
是非バンドで歌ってください(^-^)
歌詞とメロディーの入ってるディスク送ります♪

雄飛≫
あんたと一緒にね~(笑)
おごりでならどっか一緒に行ってあげる

タケ≫
忘れたなら見て覚えてて☆

翔君≫
感動してくれてありがとう(^-^)
あたしは神ではないよ(笑)

翔君はみんなといるのが好きなのね♪

自分で阿保って言えるのなら阿保じゃないってしるしよっ!







以上☆

やっと来ました!


夜空にかけめぐる星たちに願い事を

時はまた流れ星のように過ぎてく

あの日を思い出す君に初めて逢った日の
月の綺麗な夜に


帰り道自分の影みるまだ大丈夫と

こんな早く旅立つのなら君に言えばよかった

会えない日が多くなってすれ違いあうたびに

気持ち届くと伝えていたまた会う日がくるからと


夜空にかけめぐる星たちに願い事を

時はまた流れ星のように過ぎてく

あの日を思い出す君に初めて逢った日の

月の綺麗な夜に


行かないでと止めてほしかったそう思い込んで

止まった足を再び動かし前へ進んでく

昨日までとは違う未来が重ね崩れるたびに

いつも信じ続けてきた願いは必ず叶うから


夜空を見上げて両手をのばしながら

時と共に優しい場所に行くため

思い出はいつの日か君と初めて話した日の

月の綺麗な夜に


夜空を照らす月が水面に映るとき

淋しさを涙の雫がふせいでる

通り道回り道どんな場所にいても

月は照らし続ける


夜空にかけめぐる星たちに願い事を

時はまた流れ星のように過ぎてく

あの日を思い出す君に初めて逢った日の

月の綺麗な夜に


夜空を見上げて両手をのばしながら

時と共に優しい場所に行くため

思い出はいつの日か君と初めて話した日の

月の綺麗な夜に

月は照らし続ける



『月の綺麗な夜に』 作詞 けぃ 作曲 綾香さん



お久しぶりです(^-^)
やっと夏休みになりましたね♪

みなさんがリクエストしてくれた曲の歌詞を載っけました!
みなさんのおかげでこの曲はとても人気になりました♪
正直、自分もお気に入りだったり☆
なににせよ綾香さんが作曲してくれましたしね(^▽^)
あ、綾香さんとはあたしの先輩です!

話は戻って夏休み!
部活ばっかりだぁ~~
しかも講習ありますねぇ(苦笑)

勉強が楽な学校に行きたいです↓↓

毎日暑いですが頑張りましょう♪



以上☆

今日は何の日?

小さな山に登って
遠くの街を見つめてた
朝日が私を見つけて
自然のぬくもりに包まれる
朝起きて庭の手入れして
水をあげて微笑みかける
いつもの木陰に座って夢見るのが
お仕事なんです。。
小鳥のさえずり聴きながら
祈りの花に水をあげよう
「枯らさないでね」大丈夫だよ
大切な心育て上げよう


いつもの木陰に一人
うつむいて座ってた
近づいて声をかけようと
したけど一人にさせてあげた
考えがまとまらなくて
言葉で傷つけたんだと
森の木に問いかけたの
「言葉で救えますか?」

青空浮かぶ一筋の雲
飛行機雲と名前付けました
おおぞら画用紙みたいだね
また明日も笑えるように


小鳥が羽ばたくこの瞬間(とき)に
あたたかい心また育つ
風に運ばれてやってきた
それはみんなを幸せにする
春風からの贈り物だね


作詞・けぃ
作曲・けぃ,りぃ
タイトル『春風のふく木陰』


7月1日!!
2年前の今日、この歌が完成したのです(*^∪^*)
メロディーはピアノを弾きながら電話で相談して完成したのです♪
楽しかったですね

ちなみに今日のお昼頃、りぃにメールで『今日は何の日でしょうか!?』と聞いたところ

『えっとぉ~今日??ン~~ 6月31日』

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。